トップページ > 高知県 > 東洋町

    このページでは東洋町の自宅売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「自宅の売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。自宅売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に自宅の査定を依頼して高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で自宅査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定額を比較することができるのであなたが所有している自宅(不動産)を高く売ることができます。自宅の売却というのは人生の大きなイベントなので適正価格で売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比較した場合割と新しいサービスにはなりますが、加入している不動産会社は全国1400社以上というところが強みです。しかも、実際に自宅売却で利用したユーザーの方からよくクレームの入る不動産会社はイエウールの方から契約を解除できるようになっているので、評判の悪い不動産会社は排除され、評判の良い不動産会社だけが残っていく仕組みになっているのです。国内大手の不動産会社から地場に根強い不動産会社までさまざまな企業が参画しているので、「自身が持っている自宅をできるだけ高値で売却したい」と考えているのであればお薦めの査定サイトです。入力も1分もあれば査定依頼ができるほど簡単で、最大6社までを選択し自宅の査定額を比べられるのです。もちろん、全国に対応しており無料で利用できます。今注目を集めているサービスなので、これからもっと利用者の数も増えると思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年を超える運営実績があり、400万人以上の方のご利用実績のある不動産売却の一括査定サービス。数年に亘る実績がある為、不動産会社の登録社数も1000社以上と非常に多く、最大6社に自宅の査定依頼ができ査定金額を比較する事ができるのです。当然、悪徳企業は徹底排除。長期にわたる不動産売却で培われたネットワークがあるので、厳選された人気の不動産会社だけが登録されています。国内主要大手はもちろんのこと、地元に密着した不動産会社にまで幅広く査定依頼ができるので、自宅の市価などの情報を得るためにも利用しておきたいサービスです。公式のサイトでは実際に自宅を売却して高く売れた利用者の感想と査定額も掲載されているので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サイト開始から10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サービス。個人情報の保護にも努めており、プライバシーマーク認定企業なので安心です。利用者の数も440万人以上と多く、全国1400社以上の不動産会社から最大で6社まで自宅査定の申し込みが出来ます。「一戸建てやマンションなどの自宅売却はそれぞれの会社で数百万円の差が出ると耳にしたので損はしたくない」と思っているのであれば、1社だけで済まさず沢山の不動産会社に査定を依頼する事ができる一括査定サービスを利用してください。公式ホームページでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から手じされる自宅の査定額を比べられるのでおすすめです。スマイスターで無料査定をして自宅の売却に成功した場合には、10分程度の電話取材に協力するとギフトカードが頂けるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションを一括査定する為に必要な入力をするのもものの45秒で完了しますし、パソコンで自宅から一括査定の申し込みが出来ます。マンション査定に特化している為、マンションに強い不動産会社が集まっていて、大手や地場を含めて全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。利用者の数も360万人超で、各種メディアにも取り上げられるくらいの人気サービスとなっているので、「自宅として所有しているマンションをできるだけ高く売りたい」と思っているのであれば活用してみて下さい。また、他の一括査定サービスと違っている部分は賃貸価格の相場も分かるので、「数年間地方で生活するんだけど、いつかまた自宅として住むので売りたくない」と思っている場合にもおすすめできるサービスです。






    スモーラ

     スモーラは、全国にあるマンション、一戸建て、土地の相場が簡単に調べられる自宅売却のための一括査定サービス。自宅の今の売出価格をこれまでの莫大な成約事例から独自の計算式で算出します。参画している不動産会社は日本全国から高評価の2500店舗を厳選し、売買で6社、賃貸で3社の最大9社から自宅の査定価格を提示してもらえます。しかも、全国対応で利用は無料。自宅の査定に必要な入力も簡単で、査定したい自宅の情報と連絡先を入力する45秒無料査定なので、「生活スタイルが変わって自宅の売却を検討してるけど、どこの不動産会社に頼めばいいのか分からない…」と思っている場合はぜひ利用してみてください。スモーラの公式サイトでは、実際に自宅売却に成功した「この金額で売却することができました!」という成約事例が紹介されていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    消費者にとって痛い出費となる消費税は、住宅の売買でも当然かかりますが、土地は消費税の対象外ですから、例えば物件価格3000万円なら消費税240万ではなく、建物代にのみ消費税がかかります。

    大事なことですが、基本的に売主が個人なら建物にかかる消費税も非課税となります。

    しかし例外もあり、個人でも自分が住む以外の用途で所有している不動産だと、課税対象とみなされるため、あらかじめ計算にいれておかなければなりません。

    マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと出来上がって3年目頃を皮切りに10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

    そして築11年、12年、13年となると、今度は値段がそんなに変わらないのです。

    節税の観点からすると、自宅の買い換えや売却の税率が優遇される条件は、所有期間が10年超となっていますから、住み替えや売却をするつもりなら築10年を超えたあたりがベストと言って良いでしょう。

    家を売るとなれば早々に買い手が見つかればありがたいのですが、遅々として成約に至らないケースもあります。

    珍しいことではありませんが、最初の3ヶ月様子を見て家が売れない場合、販売価格の見直しを行うか、ほかの不動産業者に仲介してもらうといった措置も必要になるでしょう。

    媒介契約は3種類ありますが、いずれも法律で期間は3ヶ月と設定されているので、期間満了後に更新する人もいれば、しない人もいます。

    昔ながらの木骨モルタルや木造の一戸建の耐用年数は、税法上は20年ないし22年であり、残存年数の平均は約30年というのが国土交通省の調査でわかっています。

    こうした現状から、たとえば築30年を超える住宅を売りたいと思っても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、いって百万円未満と査定せざるを得ないようです。

    もし売ることになっても、極端にいえば土地としての価格にしかならないと思っていれば間違いないです。

    不動産物件を売りたい時、その物件の使用歴が長く、一部の壁紙に剥がれやカビがある場合や、プロの掃除業者でも落とせない汚れがあるのなら、リフォームが有効な手段になるかもしれません。

    新築同様にすることで、不動産査定の結果が良くなるでしょう。

    とはいえ、リフォーム前の査定額とリフォーム後の査定額の差額が、リフォーム代金より低くなってしまって損をしないとも限りません。

    ですので、先に業者に訪問査定をお願いし、実際の物件を見てもらってから実際にリフォームするかどうかを話し合ってください。

    普通、不動産査定については二種類の方法があります。

    物件を直接確認して査定額を決定する「訪問査定」と、直接確認する手間を省き、業者の持つ売買実績や周辺の物件相場、物件の築年数や間取りといったデータから査定額を決定する「簡易査定(机上査定)」の二種類あります。

    訪問査定はその方法ゆえに、結果が提示されるまで数日から1週間は見ておく必要がありますが、算出された査定額は信頼がおけるものになります。

    スピーディーな査定に強いのが簡易査定ですが、結果はあまり正確ではありません。

    新しい住居の購入とこれまでの住居の売却を同時に行って住み替えをしたいなんて例も頻繁に見られます。

    こうした場合の順序は、売却が先、購入が後というのがリスク管理の面では妥当です。

    間違いなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、実際に支払いが行われるまでは安心するのは早いです。

    お金が必要になった時に支払いができなくなる恐れもありますから、無事に売却できる前提で先に購入しようとするのはおすすめしません。

    資産をお金にできるのが、不動産を売却する上での最大のメリットです。

    それと、売る物件の災害保険料、貸付金の保証料は、残期間分が返ってきます。

    とはいえ、このお金は売却が完了した時に向こうからは返してはもらえないので、手続きを自分からしなければなりません。

    物件の売買取引が成立した場合、忘れずに契約した会社に連絡するようにしてください。

    さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙代が必要になります。

    売却価格によって段階が変わる印紙代は、高い場合は数十万円にもなります。

    加えて、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、どちらも印紙代が必要になります。

    とは言え、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、確かめておくといいでしょう。